header

Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

2012年3月号 外食ニュースクリップ
JR博多シティのレストラン街 「くうてん」


  2011年3月12日に鹿児島から新大阪まで直通の新幹線が完成。それに伴い、JR九州は博多駅を全面的に改築し、阪急百貨店と東急ハンズを誘致してJR博多シティを開業した。この1月末に来場者が5000万人を突破するという好調ぶりだ。新幹線を利用して遠方から来場する客に混じって、韓国や中国の観光客も目立つ。原発の問題で東日本を避けて西日本に来る海外の方が増えているようだ。
9階と10階には植栽を植えたり、天井に吹き抜けを作り太陽光を入れたりと自然な雰囲気のレストラン街「くうてん」を設けた。九州地場のレストランが多いのが特徴だ。
出汁で有名な椒房庵の定食屋。(出汁で有名)、ブッフェレストランの新業態「ワインスタイル ぶどうの樹」、博多一風堂、うまや(JR九州経営の焼鳥屋)
遊食豚彩 いちにいさん(鹿児島黒豚の名店)、菅乃屋(熊本の馬刺)、等の九州の有名店が入っている。
博多らしいのは、磯貝という居酒屋で修行した方が経営している居酒屋「トクトクTOCTOC」だ。昼はランチ営業で1000円前後の定食だが、1500円の刺身定食8点盛りは鮪の赤身、中トロ、大トロ、が一切れずつ、カンパチ、ヒラメ、胡麻鯖、いくら、イカ、等の活きの良い魚ばかりだ。夜はこれらの魚中心の居酒屋になる。駅ビルにこれだけの鮮度の居酒屋を揃えるとはさすが博多だ。


HomeIndex
           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.