header

Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

2011年12月号 外食ニュースクリップ
セブン&アイ・フードシステムズの中国進出


デニーズなどを展開するセブン&アイ・フードシステムズは2009年7月に北京の金融街に1号店を開き、現在では北京に2店舗を展開している。主力業態のデニーズと同じファミリーレストランであるが、デニーズの名称は中国では使えず、All Day'sと言う店名にしている。
先日北京の金融街にある店舗でランチ時に訪問した。周囲には日系外食チェーンとして、味千ラーメン、吉野家が店舗を構え、中国系の新功夫、台湾系の永和大王、米国のKFC等の競合が軒を並べている。
この店舗群の中で、味千ラーメンとAll Day'sがフルサービス・レストラン、他の店はカウンターに並んで購入するファストフードだ。そのため、価格がファストフード系のお店よりもやや高いが、ホールにいるウエイトレスは日本のデニーズのように丁寧に接客をしてくれるのでリーズナブルな価格だろう。
ランチの料理の価格帯は28元〜38元。ハンバーグランチは38元。付け合せは目玉焼き、フレンチフライ、人参、ほうれん草と日本と同様だが、日本の220gに対し北京は380gの肉を使いボリューム感を出している。
また、メニューには使用している牛肉の産地を明記して、安全性を訴求している。中国で日系外食店に人気があるのは品質に対する安心感だからだ。
店名がありきたりで、価格帯にしては内装があまりお洒落でないのが欠点だが、サービスのレベルは素晴らしい。イトー・ヨーカ堂やセブンイレブンは既に中国に多店舗展開して中国人の好みを把握しているようで、味とボリュームを中国人好みにしており、今後に期待できそうだ。


HomeIndex
           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.