header

Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

2011年11月号 外食ニュースクリップ
中国のサイゼリヤ


 日本の景気低迷から外食企業の大手の1/3は海外に進出を開始して活路を切り開こうとしている。多くはフランチャイズ展開だが、直営店舗で展開しているのがサイゼリヤだ。2003年ころから進出を開始し、現在はなんと中国に80店舗近く、上海には39店舗ある。
先日、上海一の繁華街、南京路の中心にあるサイゼリヤ店舗を訪問した。歩行者天国の南京路には多くのデパートが点在し、KFC、マクドナルド、味千ラーメンなどが複数の店舗を展開している。サイゼリヤはその南京路の真中にあるファッション衣料品などのビルの8階にある300席ほどの大型店だ。
メニューは日本とほとんど同じようだが、凄いのは価格だ。サラダが8元〜10元、パスタ(14種類)9元〜12元、ピザ(10種類)19元〜22元、ドリア・グラタン(8種類) 9元〜11元、料理(12種類)13元〜29元、(チキンのディアボラ風 13元、ハンバーグ13元)、ワイン グラスワイン6元、ボトル 48元〜68元、と日本の半分位の低価格で、吉野家や現地の中華ファストフード店と同等の低価格なのだ。
味の現地化をしており、海鮮のパスタ(トマトソース味)の味は日本よりもソースがコッテリしており、ピザはピザハットのように分厚く、トッピングやチーズも量が多く美味しい。どうも、先行しているピザハット(中国に500店舗ある)の味をターゲットにして変更しているようだ。
昼過ぎのアイドルタイムだったが、顧客のほとんどが若い学生で、楽しそうの会話を楽しみながら食事をしている日本と同じ光景が印象的だった。


HomeIndex
           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.