header

Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

2011年4月号 外食ニュースクリップ
JR山手線の駅も個性的なお店が池袋駅構内のカレー屋Camp


 駅構内を通過する人は東京駅で新幹線を利用する人と違い、急いでいるので、提供する食事は簡単な立ち食い蕎麦やカレーライス、コンビニのニューズデーなどが多かった。
 しかし、JR東日本は東京駅のグランスタだけでなく、山手線駅全体の個性化に取り組んでいる。池袋駅構内に日本レストランエンタプライズ(NRE・元日本食堂)がスパイスと言う店名で、600円から800円程度のリーズナブルな価格帯のカレーを販売していた。その店舗を昨年8月に代々木にあるカレーハウスのCampと提携してCamp Expressと言う店名で新装オープンした。
改装したCamp Expressは名前の通りキャンプ場で食べるカレーがテーマで、従業員の制服や店内内装はサファリスタイル、メニュー名もキャンプ風。料理のキャッチフレーズは「野菜を食べるカレーcamp express池袋店」だ。店内はキャンプで食べるカレーライスの雰囲気が一杯だ。注文すると、目の前の厨房で1人分ずつ生野菜から炒めてカレーのルーに混ぜて調理する。
一番人気はという質問をしたら「一日分の野菜カレー」990円を薦められ、トッピングに鶏手羽煮込み150円を追加注文。野菜が350g以上入っているボリュームたっぷりの料理だ。カレーを入れる容器も鋳鉄の鍋を使い野菜が山盛りになっており、スプーンは小型キャンプで食べるような雰囲気を演出している。
価格帯は最低で890円、一番高いのはバーべキューカレーで1390円とカレー専門店並みの価格帯だ。以前のスパイスの時には男性中心だったが、Campになってから価格が高いにも関わらず女性客が増え、訪問時は半々だった。以前は空いている時間が多かったが改装後は満席状態が続いている。駅構内のレストランも個性的なお店に変身を始めているのだ。
http://www.nre.co.jp/news/obj/file/000/038/100805-1419_pdf.pdf
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10288178c.html


HomeIndex
           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.