header

Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

2011年1月号 外食ニュースクリップ
セブン&アイ・ホールディングスの蕎麦屋


 セブン&アイ・ホールディングスは小売業態の他に外食産業のセブン&アイ・フードサービスを傘下におさめている。GSMのイトーヨーカ堂や百貨店も不振であるが、グループ企業で最も苦しいのはセブン&アイ・フードサービスの運営するデニーズだ。平成20年4月10日の発表で680店舗ほど展開するデニーズの140店舗を閉鎖すると発表し、各地の不採算店のデニーズを閉店するという荒療治をしている。
そのリストラの中で、密かに展開している蕎麦業態がある。「そばうどん處 七福 弁天庵」という駅前立地の蕎麦屋だ。メニューは蕎麦と注文後揚げるてんぷらが売り物だ。夜は軽くお酒を飲めるようにつまみもそろえている。
過去、セブン&アイホールディングスと言う持ち株会社を作った際に知名度を上げようと、デニーズの特徴的な六角形の看板をありふれた四角形の看板に変更、大きくセブン&アイホールディングスと書いて、通行客にセブンイレブンになってしまったと思わせたことがあった。しかし、この弁天庵には店頭の看板はおろか、店内のメニューにいたるまで、セブン&アイホールディングスの経営だと言うことは一切書いていない。まるで、駅前で経営する個人経営の美味しい蕎麦屋のように見せているのだ。それが成功し、あっという間に20店舗を展開するまでになっている。
現在のコンビニの蕎麦は冷たい蕎麦が中心だが、温かい蕎麦をセブンイレブンで食べることが出来るようにするかも知れない。要注目の業態だ。


HomeIndex
           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.