header

Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

2010年11月号 外食ニュースクリップ
低価格とは一線を画すカジュアルレストラン ブロンコビリー


  ロイヤル撤退跡地にブロンコビリーと言うハンバーグレストランが開業した。入り口正面の冷蔵ショーケースには美味しそうなステーキ肉が陳列してあり、その後ろにはオープンキッチンが広がっている。
キッチンでは分厚い木の蓋をした大釜で魚沼産のコシヒカリを、蒸気を吹き上げて炊いている。中央の炭焼きグリルでは、ハンバーグや、ステーキがジュージューと音を立てながら焼きあげられている。客席に案内される途中には目立つように10数種類の新鮮な野菜とフルーツなどを盛り付けたサラダバーとカラフルなドリンクバーがある。
期待感に胸を膨らませて白と赤のチェックのテーブルクロスをかけたテーブルに着く。注文をとる従業員はしゃがんで顧客と同じ目線になるようにする。
メニューはハンバーグとステーキだ。ハンバーグランチ170gはサラダバー、大かまどご飯、スープがついて税込1050円。サーロインステーキは160gで大かまどご飯とスープがついて1155円、それにサラダバーがつくと+360円だ。ステーキは最大640g3339円まである。
熱々の鉄板に乗せた俵状のハンバーグがジュージューと音を立てて運ばれてくる。それを従業員が目の前でカットし、まだ赤い肉の面を熱々の鉄板につけて火を通しソースをかけ、蒸気と香りを振りまく。
訪問したのは日曜日のランチであった。客席には家族連れ、特に祖父夫婦、若夫婦、子供の3世代が目立つ、家族団欒の場となっている。ファミリーレストランと言うより、カジュアルレストランと呼んでよい楽しい業態だ。


HomeIndex
           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.