header Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

99年の外食動向


99年度中に解決するべき重要課題

  1. FF業界
  2. 低価格、絞り込み、コンセプト刷新がキーワードだ

    景気の低迷という逆風の中、業態を越えた競争にさらされたのが外食産業だ。500円で食べられる弁当や惣菜を抱えているCVSの急成長にその基盤を脅かされている。コンビニに対抗するために80円バーガーなどの低価格メニューを充実させた業界トップのマクドナルドは一気に独走態勢に入り、価格競争と多店舗展開に追随出来なかったチェーンは脱落を始めている。マクドナルドは10年ほど前より低価格を実現するために、グローバルパーチェシングと言う世界で最も安い食材や機材、内装設備を調達する低価格の仕組みを作り上げた。さらに、小型店舗の多店舗展開を行った事が売り上げを大きく伸ばした。このマクドナルドの価格競争力はハンバーガー業界だけでなく、フライドチキンやドーナツ業界も巻き込んでおり、どの業界も低価格を実現しないと生き残れない時代を迎えているようだ。400円以下でマクドナルドに対抗できる吉野家のような牛丼業界の好調さを見るとそれを裏付けている。価格競争から逃れるために販売品目を増やしたチェーンは企業コンセプトが色あせ、消費者に混乱を呼んでいる。FFの原点に立ち返りメニューの絞り込みを行う必用があるだろう。

    コーヒーチェーンではドトールコーヒーの独走にストップをかけるスターバックスの存在が目に付くようになった。コンセプト、内装、看板の陳腐化が新鮮なスターバックスの進出により顕在してしまったわけだ。ドトールは新規のファッショナブルなビルでの出店競争での優位性を失い始めている。FFの場合古い企業ほどそのイメージコンセプトの色あせが目に付き、飽きやすい日本の消費者から指示されなくなっている。店舗内装、イメージ、の刷新が必用だろう。

  3. FRの世界
  4. 多角化、和風、価値観の向上がキーワードだ

    FRの最大の課題は業態の多角化だ。ガスト、ビルディ、すかいらーく、ガーデンズ、グリル、ジョナサン、バーミヤン、藍屋、夢庵、と言う多角化を成し遂げたすかいらーくとその戦略を踏襲するチェーンの動向だ。しかし、多角化には企業としての体力が必用であり、多角化を成功させたのはすかいらーくグループだけだ。すかいらーくの低価格と多ブランド化に追随した他のチェーンは企業体力を消耗している。今後は自企業の得意の分野に集中して展開をせざるを得ないだろう。

    洋風FRは不調の反面、和風FRが好調だ。すかいらーくの和食業態の藍屋、夢庵の展開がスローダウンしている間隙を縫って、ライフコーポレーションの華屋与兵が首都圏で積極的な展開を図っている。屯田も主力の北関東では京樽の後に店舗展開を行ったり、神奈川地区への進出など積極的だ。サトも和風FRに主力を移すようで、今後、競合の厳しくなる分野だ。和風の場合より鮮度の高い、加工度の高い料理に取り組まなくてはならないだろう。

    FR業界の最大の課題はコンセプトの陳腐化だ。すかいらーく、ロイヤル、デニーズが急成長したのは住宅のドーナツ化の波の乗り、郊外型の新しい生活の提案を成し遂げたということだ。その新鮮さが薄れる中、店舗コンセプトを変えないで、メニューだけ増やし他店舗には顧客の飽きがでているようだ。

    FRは従来FRというくくりの中で、和洋中と何でも提供すると言う店舗形態をとっている。しかし、顧客の求めているのは単なるメニューバラエティではなく、鮮度の高い店舗コンセプトだ。それを物語っているのはサンマルクの成功だといえる。

今年度注目した業種、業態、企業


Index Home
           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.