header Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

夢のインセンティブ制 日本にもいよいよ登場


外食レストラン 1999年4月19日

強まる店長権限 給料も実績次第

アウトバックステーキハウスが今年日本に上陸する。ここで注目すべきは社員出資(社員持ち株制)の企業運営と、固定給プラス利益10%を歩合給とする給与体系だ。良し悪しは別として、このハイリスクハイリターンのマネジメントは、今後わが国の飲食店業界に大きな影響をもたらすはず。

米国では10年ぐらい前からチェーン本部を身軽にして現場裁量を強める試みが始まった。ア社も当時発足した企業だが、最初から本社機能を軽くして、現場に権限を与え、チェーン展開だけれども「店長に移動がない」というシステムを構築した。店長は25,000ドル出資して45,000ドルの給料と利益10%の歩合給を享受し、本社には人事部がないという画期的なシステムで、現場の労働マインドを飛躍的に高めた。わが国でも店長権限が強く給与がインセンティブ制のところに繁盛店が多い。

生涯店長で給料は実績次第というインセンティブ制の店長に就くか、独立してフランチャイジーになるか、これからは店長を主体とするハイリスクハイリターンマネジメントが主流になるのではないか。

従来のような、店長からスーパーバイザー、それから本社に上がるといった出世方式は崩壊するだろう。今よりは人間性を帯びたチェーン経営になるのではないか。

企業界に共通してサービス業化が色濃くなってきている。外食業界でいえば、おいしいものはもはや当たり前で、いかにして楽しませるかが課題となっている。つまりサービスに当たる従業員の役割が重要になっている。企業は従業員のマインド喚起を真剣に考える時期を迎えているのではないか。


Home Index
           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.