header Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

米国レストランピリ辛情報 

月刊レジャー産業2007年3月号 NO.485

バッファローウイング(鶏手羽から揚げ)のWing Stop


 1983年にフロリダ州クリアーウオーター市に1号店を開業した、フロリダ名物のフッターズHootersと言う若い男性に人気抜群のビーチレストランがある。http://www.hooters.com/
名物はアメリカンフットボールのチアガールのような美人のウエイトレスだ。彼女たちが身につけるユニフォームは、胸もあらわなタンクトップとすらりと伸びた綺麗な脚を強調するホットパンツだ。この素晴らしい美女たちを見ながらお酒を飲むスタンディングバーが大人気だ。定番料理はビールとお皿山盛りの鶏手羽先の唐揚げと、セロリとニンジンのスティックだ。ちょっとピリ辛の鶏手羽先はビールにぴったりだ。これは食事の前のアペタイザーだと思ってはいけない。これはメインの食事、米国名物料理のバッファローウイングだ。米国の野牛のバッファローに由来するのではなくニューヨーク州バッファローで誕生したのでそう命名されたのだ。
1964年の金曜日の夜だった。ドミニック・ベッリシモはニューヨーク州のバッファロー市にあるアンカーバーで働いていた。アンカーバーは彼のお母さんのテレサとお父さんのフランクが経営しているバーだ。腹ペコの友人たちがアンカーバーを訪れ、何か食べ物を出して欲しいとドミニックに頼んだ。お母さんのテレサは調理場に用意してあった2つの皿を持ってきた。その皿を見たドミニックと友人たちは何?と思わず聞いてしまった。お皿の上にある料理は通常であればスープに使う食材の鶏の手羽先だったからだ。実際のところ、テレサは手羽先をスープ鍋に入れる寸前だったが、身がたっぷりついた手羽先を見てもったいないなと気が変わり、フライにしてテレサの秘密のソースをまぶしたのだった。
このメニューは大ヒットし、近隣の住民がバーに押し寄せるようになった。そして、バッファローウイングがアンカーバーの定番メニューとなったのだ。現在、アンカーバーの経営は息子のドミニックに任され、毎日500kg以上のバッファローウイングを揚げている。お店には名物のバッファローウイングを食べようと、有名な映画俳優、スポーツ選手、政治家、から一般のお客様まで押し寄せており、バッファローウイングは今では全米に広がっている有名料理となっている。
味付けは、素揚げにした手羽先に、唐辛子ソース、白ワインのお酢、バター,塩、ガーリックを組み合わせたソースをまぶすと言うシンプルなものだ。特徴は辛さで、基本的に、激辛、辛い、マイルドの3段階に分かれており、セロリスティック、ニンジンスティック、ブルーチーズディップと一緒に食べる。ブルーチーズの代わりにランチディップもありだ。
1977年にバッファロー市のスタン・マコウスキー市長は7月29日を公式なチキンウイング日と定め、2002年には地元バッファロー市の有志が集まり、バッファローウイングフェスティバルを開催するようになった。毎年50万人の参加者が集まり、100万本のバッファローウイングを食べ尽くしている。2006年にはバッファローウイングのレシピーの最優秀賞を表彰するようになり、ウイング・ストップが受賞した。
ウイング・ストップは1994年に創業され、1997年からフランチャイズ加盟店の募集を開始し、98年に最初のフランチャイズ店が開業した。店舗はノスタルジックな1930年代から40年代の古い航空機をデザインコンセプトとして採用し、店内にはその当時の飛行機部品を装飾として使っている。
メニューは9つのフレーバーのバッファローウイングだ、オリジナルのホットソース、ケイジャン、アトミック、マイルド、照り焼き、レモンペッパー、ハワイアンバーベキュー、ガーリックパルメジャン、ヒッコーリー・スモークド・バーベキュー、だ。すべて冷蔵の鶏をその場で揚げて熱々の状態で提供する。サイドオーダーとして、フレッシュのポテトフライ、ソフトドリンク、ワイン、ビールなどを提供する。
 お店は20席ほどの客席を持ち、ビールとワインを提供している。何がKFCなどのファストフードと違うのかと店舗で聞くと、手羽先やジャガイモ、コールスローなどはすべて生の素材を使い、店舗で作り上げると言う。日本で言うと焼き鳥居酒屋に当たるのだろう。辛い味付けだとビールをピッチャーで頼まないといけない。現在800店を展開するバッファローウイングトップの企業だ。
 しかし、この人気に目をつけたのが、米国のピザ業界最大手のピザハットで、バッファローウイングを売り物のWing Streetとのコンビネーション店舗展開を開始し、既に800店舗のピザハットとのコンビネーション店舗があり、1000店舗まで拡大する予定だ。同業の3000店舗を展開するパパジョーンズ社がサイドオーダーのチーズスティックやブレッドスティック、そしてバッファローウイングの売れ行き好調で、対前年比売上を4.5%増加させているからだ。
 この大チェーンの参入で今後のバッファローウイング専門店の動向は注目されだしている。

元祖アンカーバーAnchor BarのHP
http://www.anchorbar.com/

National Buffalo Wing FestivalのHP
http://www.buffalowing.com/

業界トップのウイングストップのHP
http://www.wingstop.com/

 

HomeIndex

           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.