header Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

米国レストランピリ辛情報 

月刊レジャー産業2005年9月号 NO.468

シカゴのバターバーガーとフローズンカスタードのカーバース


シカゴのバターバーガーとフローズンカスタードのカーバース

 シカゴは牛肉の集散地である関係で、Mortons などの有名なステーキ屋が軒を連ねているが、地場にホットドックやハンバーガーなどのチェーン店が多いのが特徴だ。ホットドックではポチュロという有名なチェーンがあり、日本ではJTが提携してシカゴドックの名称で店舗展開をしたことがある。
http://www.portillos.com/
そのシカゴに住む会計士の友人に有名なハンバーガー屋があるから是非見に来いと言われていた。発祥の地がウイスコンシン州と言う、シカゴのあるイリノイ州の北隣の州になる。ということで、シカゴ市内から車で2時間ほどドライブしてやっと到着した。
白とブルーの清潔な店舗はドライブスルーを備えている。通常のファスト・フードのように数台のレジスターを置いたカウンターがあり、そこで注文をすると、注文後にハンバーガーの調理を始める。
カウンターの中心にはアイスクリームメーカーを設置し、手作りのアイスクリームを作っている。これが売り物のフローズンカスタードだ。独立した部屋を作って製造をしていないので日本では保健所の規制でちょっと難しい仕組みだろう。
カーバースはファスト・フードではなく、ファストカジュアルのジャンルになる。それは新鮮な原材料と、注文後焼き上げる仕組みで、モスバーガーのように15分ほど待たないといけないからだ。清潔に保たれた店舗で待っていると焼きたてのハンバーガーを持ってきてくれる。
早速、試食だ。Butter Burger Cheese シングル2.09ドルを注文した。バターバーガーの由来はバンズを焼く前にバターをつけてこんがりと焼き上げるからで、バターのこんがりとした香りが最高だ。トースターはマクドナルドと同じタイプの低速仕様を使っている。マクドナルドなどのファスト・フードと異なりミートはフローズンでなくフレッシュで、両面にしっかりとシアー(焼け焦げ)をつけている。肉の味は濃厚で美味しいが、多分クラムシェルグリル(両面グリドル)で圧着して焼くのだろう、肉がつぶれて肉汁がほとんどないのが残念だった。
もう2つ試食することにした。Philly Ribeye Steak とSourdough Meltだ。
サンフランシスコ名物のサワードー(すっぱいパン)を使ったサワードー・メルトのパンはかりっと焼き上げられ、香りが良く大変美味しかった。サンドイッチメニューの豊富さはサンドイッチを中心にしたファミリーレストランと言った雰囲気だ。
デザートはもちろんストロベリーサンデーを試食。手作りのフローズンカスタードクリームはこくのある味でアイスクリーム好きにはたまらないだろう。
店内は清潔で綺麗に保たれているし、大勢いる従業員も親切なサービス振りだ。たいしたものだと同社のHPを拝見したら、創業者はシカゴに本社のあるマクドナルドのOBだった。
創業は比較的新しく、1984年7月18日、ウイスコンシン州のSauk市に1号店を開店だ。創業者はクレイグ・カーバー氏Craig Culverと奥さんのリーLeaさん、そして、お父さんのジョージGeorgeさんとお母さんのルースRuthさん夫妻だ。売り物はバターバーガーとフローズンカスタード、そして素晴らしいサービス。現在までにウイスコンシン州からテキサス州までの15の州に290店舗を開店。直営店は5店舗、残りの285店舗はフランチャイズ店だ。
クレイグとルース夫妻はクレイグさんを含む3名の子供に恵まれた。そして、何件かのサパークラブを経営しており、その影響で、クレイグさんはファスト・フードに興味を持つようになったのだ。
クレイグさんは大学に進み、夏休みにはお父さんのお店を手伝っていた。その時に将来の伴侶となるリーさんに出会った。1973年に大学を卒業しハンバーガーのマクドナルド社に就職し、4年間勤務し、その間にファスト・フードビジネスのノウハウを学んだのが,後に自らハンバーガービジネスを創業するきっかけだった。
カーバー家は何件かのレストランを経営していたのだが、大きな転機は所有していた元A&W(ハンバーガーとルートビアーのチェーン)店舗を改造したことだ。改造をする際に、彼らは新鮮な食材をフレンドリーなサービスと一緒に提供しようと思いたった。売り物はフローズンカスタードFrozen CustardとバターバーガーButter Burgersにすることにした。
1号店開店後,カーバースはその鮮度の高い品質で高い評判を呼び、フランチャイズの加盟希望者が続出した。そこで、フランチャイジーには夫婦で毎日仕事に就ける人を条件に加盟させることにし、希望者には店舗で実際に働く16週間のトレーニングプログラムを義務付けた。
そして、開店後はカーバーズ本社横に設置されたサポートセンターを通じて継続的な指導を受ける。 年間を通して衛生管理や経営管理システム、業界動向などのコースを受講できるようになっている。
西海岸にはインア&アウトと言う有名なハンバーガーチェーンがあり、生野菜やフレッシュな野菜やフレンチフライ、出来立てのシンプルで健康的なハンバーガーが売り物である。それに比べ、カーバースは健康志向とはちょっと異なるリッチなハンバーガーやサンドイッチ、フローズンカスタードを売り物にしている。ファスト・フードのような画一的な味とは異なる濃厚な味は食べると病み付きになることを保証する。シカゴの豊富な農産物と、マクドナルドと言う人材供給会社の生み出したすばらしいローカルなハンバーガーチェーンだ。

さて、豊富なメニューをHPに詳細に掲載しているので見ていただきたい。
会社   http://www.culvers.com/
メニュー http://www.culvers.com/PDF_Docs/Take_Along_Menu.pdf

以上

HomeIndex

           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.