header Food104 Food104 FSPRO-ML 会社案内 コンサルタント実績 王の経歴 過去の仕事 著作一覧

月刊レジャー産業資料

米国レストランピリ辛情報 その5

「スターバックスを追いかける企業群」

スターバックスがシアトル出身なので、シアトルがグルメコーヒーのメッカのように思われているが、実はグルメコーヒーの元祖はサンフランシスコだ。

元祖は1966年にオランダ生まれの Alfred Peet氏がサンフランシスコ対岸のUCバークレー大学のすぐそばのWalnutとVineの角に創業したPeet's Coffea & Teaだ。フレンチローストのような濃いヨーロッパコーヒーを売り物にしていた。スターバックスの創業者(3名)の1人Jerry BaldwinはPeet'sで焙煎のコーヒービジネスを学び、出身地のシアトルにかえり、スターバックスを創業した。スターバックスは後に現会長のハワード・シュルツ氏が買収し、Jerry Baldwinは古巣のPeet'sを1984年に買収、社長に就任し2001年1月にナスダックに上場し現在に至っている。現在は60店舗の店舗をカリフォルニア中心に4つの州に展開している。サンフランシスコ子はグルメコーヒーの元祖Peet'sを誇りに思っており、何処の空港にもあるスターバックスはサンフランシスコ空港だけにはない。

Peet's一号店を訪問すると初期のスターバックスの店舗とそっくりなのに驚かされる。スターバックスは独創的な会社のように思われるが実は、マクドナルドのように創業者から、そのアイディアを買い取り、巧みなマーケティング戦略で店舗展開を成し遂げたことを理解できる。Peet'sは聘珍楼と提携し2002年には日本にも展開を開始する予定で注目されている。

http://www.peets.com/

スターバックスは店内に入った際のコーヒーの匂いを重視するために、店内を禁煙にするだけでなく、臭いがでる加熱調理を嫌い冷たいサンドイッチやペイストリーしかない。それが最大のウイークポイントであり、スターバックスの弱い食事を強化したチェーンが出てきている。

米国マクドナルド社はヨーロッパで狂牛病の影響で売り上げが低迷しており、牛肉を扱わない、グルメコーヒーの展開を行うためにマックカフェを展開している。その米国版として2001年にシカゴダウンタウンに1号店を開店してテスト中だ。さらに、自社ブランドのマックカフェの他に、イギリスを中心に100店ほどコーヒーチェーンを店舗展開しているPret a Manger社にも30%ほどの資本参加を行い、ニューヨークに開店してテスト中だ。Pret a Mangerの店舗内装はメタリックの洒落たビジネス街向きのデザインで、コーヒー等の飲み物の他に持ち帰りのサンドイッチや総菜を取りそろえており、洒落たコンビニエンスストアーとしての機能も備えている。

http://www.pret.com/

米国カジュアルレストラントップ企業のブリンカーインターナショナルがシカゴのレストランコンセプト会社Lettuce社から購入したコンセプトを展開して注目されているのが、コーナーベーカリーと言うベーカリーカフェだ。マジアーノというニューヨークスタイルの古典的イタリアンの横に置いたベーカリーを独立させたもので、ショッピングモールやビジネス街に店舗展開を行っている。焼きたてパンとお総菜やサラダ、スープを販売しており、朝食、昼食、夕食など幅広く対応しているのが特徴だ。パンやテイクアウト総菜を販売しているため客単価が高く、1店舗あたりの年商2億円とスターバックスより高いのが特徴で現在58店舗を展開している。

http://www.cornerbakery.com/

勿論スターバックス社も自社の料理メニューの強化や異なる業態のテストを行っている。その一つがシアトルとサンフランシスコでテストしているサーカディアと言うお店だ。

Circadia
http://www.sfstation.com/cafes/circadia/
http://www.splendora.com/SanFrancisco/Savories/InternetHotspots/63064.htm

三毛作を狙った店舗になる。スターバックスと言う名前は一切出さず、イタリアのバールのような形態を狙っている。周辺は芸術家の好むニューヨークのソホーのような環境で、店内には絵を飾ったり、音楽の生演奏ができるステージを用意している。メニューは,コーヒー類のほかにアルコール、サンドイッチ、パニーニ、ピザ、サラダ、スープなどを取り揃えており、朝食、昼食、軽食、夕食、夜食など色々なニーズに応えるようにしている。

その他にスターバックス次ぐのはグロリアージーンズ

http://www.diedrich.com/

3位はCaibou Coffee

http://www.caribou-coffee.com/

などで、各企業はスターバックスに追いつけと必死の店舗展開を行っており、スターバックスを追いかける企業群の戦いも日本で見られる面白い年といえるだろう。


HomeIndex

           
会社案内
コンサルタント
王の経歴
著作
セミナー
通信教育
           
王利彰への、ご意見ご要望はこちらへご連絡下さい。
その他ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
Copyright(C) Sayko Corporation. All Right Reserved.